私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

それでも会わせて良かったと思う理由。面会までの長い道10

time 2015/03/23

それでも会わせて良かったと思う理由。面会までの長い道10

こんにちは!シングルマザーBettyです!娘と元夫の面会について振り返るシリーズ10話目です。最初から読みたい人はこちら↓から。

元夫には一生娘を会わせない!面会までの長い道1

娘と元夫は4歳直前で初対面を果たしました。厳密に言うと、私と元夫の離婚によって、1歳半で別れて以来初めて会いました。私が拍子抜けするほどスムーズな面会でした。

パパに抱っこされ、満面の笑みを見せた娘。それを写メに収めた私は…大きめにプリントしてリビングに飾りました。あれだけ憎しみあって離婚した元夫。そんな元夫の写真を自分が毎日見るところに貼るなんて、これまでの私だったら絶対ありえないことでした。

sponsored link

なぜ元夫と娘のツーショット写真を飾るのか

有名な教育評論家で、親野智可等(おやのちから)さんという方がいます。私は親野さんの考え方にとても影響されていて、著書はほとんど読んでいます。その親野さんのメルマガの中で、写真の効力について書かれていたことがありました。

子供の記憶というのはあいまいで、仮にものすごく楽しくなかった遠足でも、自分が笑顔で写っている遠足写真を繰り返し見ると、だんだん「遠足楽しかったな~」と思うようになるそうです。

楽しそうな写真を見ることによって、楽しかった気分がよみがえり、それを反すうし、本当に楽しかった記憶として残るというのです。私は娘のためにそれを実践しようと思いました。

娘の心に「パパから愛された」という記憶を

私と元夫の離婚によって、うちの娘は、パパとの記憶が極端に少ない状態でした。これから定期的に面会することになりましたが、それでも普通の父娘のように毎日会うわけではありません。

シングルマザーの思い

そんな娘の心に「パパに愛された」記憶をたくさん残してあげる努力をしようと私は考えました。今後は面会するたびに、元夫と娘のツーショット写真をたくさん撮ろう!家中に貼っていこう!と決めました。

娘が、パパと自分のツーショットを毎日繰り返し眺めて「可愛がってもらった、愛された、楽しかった」という記憶になるなら、その方がいいじゃないですか。私は大人なんだから、元夫の写真が目に入っても気にしなければいいし、何より可愛い娘も一緒に写っているんですから、そっちを見てればいいのです(笑)。

もしあの時●●だったら。それでも私は。

初めて面会したあの日から、早いものでもう5年以上経ちます。だいたい娘と私と元夫の3人で遊びに行くことが多いです。動物園や水族館、公園やデパート、遊園地など、色々なところに行きました。

離婚後の面会

私が意識して写真を撮ったので、娘とパパのツーショット写真はいくらでもあります。正直、私と娘のツーショット写真より多いと思います。

ちょっと前に、娘の学校の授業で「自分を振り返る」という単元があった時、小さい時の写真を20枚持ってくるという宿題が出て、そのとき改めて「娘をパパと会わせることにして良かった」「写真をたくさん撮っておいて良かった」と思いました。

もしあの時、Wちゃん親子に会っていなかったら、元夫との交渉が決裂していたら、元夫へのわだかまりを捨て切れず写真を撮っていなかったら…娘とパパの写真は、赤ちゃん時代の数枚しか、この世に存在しなかったと思います。

「娘に会いたい」とは一言も言わなかった元夫。私からお願いする形で面会を始めました。それでも私は、娘を元夫に会わせて良かったと思っています。

ほんのささいな、1つの例として。

離婚と一言で言っても、それはもう人の数だけ色々なケースがあり、母子家庭の子全員がパパに会った方がいい(もしくは父子家庭の子がママに会った方がいい)と言うつもりは全くありません。

DV、虐待、連れ去り、洗脳など子供に危害が及ぶ可能性があるなら、当然会わせることは出来ないですよね。ただ、明らかなデメリットや危険がないのであれば、会わせてみたらいいのではと私は思っています。子供の人生は、その子のものであり、親の感情で操作してはならないと思うからです。

娘と元夫の面会について振り返る「面会までの長い道」シリーズは、これでいったん完結です。が、もちろんこの後も、私たちと元夫の関係は続いています。面会の日程で揉めることもあるし、楽しかった日もあったり、いろいろです。これからも、ゆるゆると書いていきます。「こういうケースもあるんだなあ」と、どなたかの参考になれば幸いです^^

ちなみに、9歳の今はこんな感じ↓

元夫の驚きの発言!長いトンネルを抜けた日

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★Ameba公式トップブロガーになりました
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 ※2017年6月よりAmeba公式トップブロガーとしてもブログ活動をしています。開設4ヵ月で読者数2万5千人を突破しました。ありがとうございます。 [詳細]

インスタとランキング

Instagram にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^


sponsored link