私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

職種選びで失敗して内定辞退:離婚後の就職活動

time 2016/11/19

職種選びで失敗して内定辞退:離婚後の就職活動

シングルマザーに適した仕事ってどんな仕事、職種でしょうか?離婚後、私は自分なりに色々と考えて、今後は医療系の仕事をしていきたいと思い就職活動を始めました。その中で、内定をいただいたこともあったのですが、結局は辞退しました。それには、シングルマザー特有の事情があったからです。

シングルマザーになって真剣に考えた。これからどんな仕事をしていきたいか。

これと言って資格も職歴もない。切ない現実。

私は若い時普通の会社員をしていましたが、3年間専業主婦をしたのちに離婚して、さあ就職活動しようと思った時、これと言った資格も職歴も…何もなかったんです。29歳でした。「そうか、会社員って、その会社を辞めたら役に立たないんだな」と思って、非常に切なかったです。

もちろん、人事や経理で総務系スペシャリストを目指す会社員の道もあると思いますし、その会社で学んだことを生かして別の会社で働く道もあると思います。どんな仕事経験も無駄になることはないと、それはよく分かっています。

ただ、次に就職した会社で、特定の会社のサービス内容、商品内容にものすごく詳しくなっても、その会社を辞めたらまた「何もない状態」になりそうで怖かったんですね。例えば、とある学習塾の事務になって、夏季講習の受講申込の手続き(書類や振込期限、学生登録など)にものすごく詳しくなったとします。途中解約時の返金手続きをどうするとか、何日までの手続きは今月の支払いを止められるとか、そういう知識を覚えたとしても、それはその塾の、その会社内のルールであって、その会社を辞めたらその知識はあまり活かせないですよね。

今度は「全国共通の知識が身につく仕事」をしたいと思った

これからシングルマザーとして、少なくとも20~30年は働くわけです。その間に転職することもあるかもしれません。その時また「何もない状態」だと困るよなあ…と思いました。将来に備えて、今何となく会社員になるよりも、「業界共通の知識や経験が積み重なってキャリアになるような仕事」をしたい。そして私が興味を持ったのが、医療系・介護系でした。


内定後初めて気付いた現実

医療系・介護系で就職活動するにしても、私は何の資格も持っていませんので、資格がなくてもできる仕事、人間ドックの受付事務や老人ホームの介護補助などの仕事に応募していきました。そして運良く内定をいただいたのは、ガン専門の検診センターの案内係&事務でした。土日休みだし、完全予約制で急患もないため残業もない。シングルマザーにはとてもいい仕事だと思いました。

でも内定後、勤務時間など詳細を決めましょうという具体的な話になってきた時、「ちょっと待てよ?」と思ったんです。その検診センターはシフト制で早番と遅番があり、希望は前月までに出せるということでしたが、毎日決まった人数でシフトに入ることになってました。シフトですから当然ですよね。そこで、私は初めて実感したんですね。「そうか、子供の発熱で急に休むことになったら、シフトに穴をあけるのか。」

毎日そこに存在しているのが仕事、という職種はシングルマザーに向かない

その時間、その場所にいること自体が仕事

シフト制は、必要な時間帯に必要な人を配置するための勤務体制です。若い時にファーストフード店でバイトしてましたが、朝オープン時にシフトに入るのは2人。役割分担されて2人で全力で働いてようやくオープンに間に合う準備が出来ます。どちらか1人が突然欠勤すると、準備が間に合わない。

シフト制の仕事は、決められた時間に決められた場所にいることが仕事の大部分を占め、シフトに穴をあけた分は取り戻せませんよね。介護のお仕事もそうだし、保育士さんとか、学校の先生とか、アパレル店員とか、とにかくその時間その場に存在していないと仕事をしたとはいえない種類のお仕事です。そういう職種は小さい子供のいるシングルマザーには向かないかも…と思ったんです。

シングルマザーに向いていると思う仕事

書類を作るとか入力するとか、「作業量をこなす」「企画を考える」という仕事であれば、欠勤しても遅刻しても、家で夜な夜なパソコンに向かって作業すれば、多少取り戻すことが可能ですよね。仮に持ち帰り禁止データだったとしても、翌日職場で3倍速のスピードで作業すれば挽回できないこともない。すごく良い企画を出せば、「あの人時々休むけど、仕事は出来るし、やること早い」という信用で、許してもらえる可能性もあると思います。

「ハケンの品格」や「花子とアン」の脚本家として有名な中園ミホさんもシングルマザーですが、「子供を一人で育てながら生きていくためには、自宅でできる脚本家という仕事しかないと思った」とおっしゃっています。さすがに脚本家になるには才能も必要でしょうし、どうしても仕事をしなければならない日もあったと思いますが、「毎日その場にいなければならない」仕事よりは、「多少仕事が遅れても自分の裁量でなんとかなる。でも月数回の会議は絶対休めない」仕事の方が、シングルマザーに向いていると思います。

私はさんざん悩んだ挙句、離婚後初めてもらった内定を辞退しました。「全国共通の知識が身につく仕事がしたい」という自分の希望ばかりが先に立ち、実際その仕事で自分に求められるものが何なのか、全然考えていませんでした。内定辞退してご迷惑をおかけしました。苦い思い出、失敗談でした~

※私の失敗談は他にもたくさんあります^^

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★日々の徒然なる日記をアメブロで書いています↓
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 [詳細]

インスタとランキング

www.instagram.com にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^