私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

6年会っていない父親の親権問題!女の子を育てるシングルマザーが裁判は不要と考える理由

time 2017/01/24

6年会っていない父親の親権問題!女の子を育てるシングルマザーが裁判は不要と考える理由

こんにちは!シングルマザーBetty(ベティ)です。明後日26日、親権に関する、注目の控訴審判決があります。現在子供と暮らしていない父親側が親権を取れるのかという件です。

この件については、去年の3月にもブログに書きました(過去記事→5年間子供に会えなかった父親が親権を勝ち取ったニュース!シングルマザーが思うこと。)父親側は年間100日の面会交流を約束したのに対し、母親側は月1回。「父親側を親権者とした方が子供に利益がある」と一審の千葉家裁松戸支部が判断したという件です。

私も画期的な判決だと思った!でも今は…

去年書いたブログの中で、私は「その通り!年間100日も会えるんだし母親は諦めるべし!」という趣旨で記事を書いたのですが、今現在はちょっと違う意見を持ちました。それはツイッターにも書いたけど、子供がどんどん大きくなっていることが気にかかったからです。しかも女の子だからです。

sponsored link

この年頃の女の子って本当に難しい。現実問題を考えると…

今回このニュースを見た時、タイトルは「娘と6年会ってない父に親権認めた裁判…」となっていました。そう5年が6年になっている。「あれからもう1年経つのか!」と驚きましたし、「まだ争ってるのか!何とか和解できないの…!?」と思いました。女の子は今現在、9歳だそう。小学校3年生でしょうか。2月・3月生まれであれば4年生かもしれませんね。

小学校低学年までなら、「今日から月曜から木曜までパパの家で暮らすよ!」と言って「わ~い!」って感じで何とかいけるかもしれないと思いました。でもなあ、3年生4年生だと正直なところ…無理だと思うぞ。この時期の子供の1~2年ってすごく大きい。ウチの娘10歳だって、2年生の時と4年生の時を比べたらまるで別人です(笑)。

子供にとって、ものすごく精神的負担が大きい

仮に父親側に親権がうつって、「母親は父親に子供を引き渡しなさい」ってことになったとします。それを娘ちゃんに言ったところで「は?なんで?ヤダ、無理。」で拒否に決まってます。10歳前後の子供だけど、自分の考えもあるし意志もあります。

3歳から会っていない父親って、本当に残念だけど彼女にとって「知らないおじさん」です。思春期目前の女の子が、週半分以上を知らないおじさん(パパ)と二人で暮せます?娘ちゃんには、ものすごい心理的負担だと思いますよ。それに思春期&反抗期の娘なんて、ごくごく普通の家庭だって両親そろってものすごく苦労するんですからね?それでなくても扱いづらい時期なんですよ。

「子供の生活をスムーズに」「子供の意志を尊重して」という点を考えると私は…これまで交流のなかった親と子供が一緒に暮らすのは、小学校3年生以降は厳しいかなあ~と思いました。

連れ去り得なのはずるいけど…最高裁までもめたら、もっと子供が大きくなってしまう

「こういう状況になったのは、そもそも母親側の連れ去りが原因じゃないか!」という意見、本当にごもっともです。連れ去って一緒に暮らしているからこそ「子供が『母親と暮らしたい』という意見になる」という意見もまさにその通りだと思います。

その結果、やはり連れ去った方が得をするという話になってしまうのは…悲しい。とにかく連れ去った親が得をするっていうのは絶対おかしいと思うけど…それでもこのケースで今一番考えるべきは、子供の健やかな成長だと思う。

子供の現実に目を向けよう。過ぎた時間は戻せない。

父親側はこれまでの分を取り戻したいでしょうから、週1回の面会でも少ないと思っているかもしれませんが、今現在子供はそれなりに成長し、自分の世界を生きてます。

友達とも遊びたいし、習い事もある。お泊り遠足が近ければ風邪を引かないよう出かけたくないし、バレンタインの前には大量の友チョコ作りで忙しいんですよ。うちはいろいろあって元旦那と娘は面会するようになりましたけど、今でも日程で結構もめます。「別居親の元旦那は、娘の事情を分かってない!」と思うこともよくある。それは私が意地悪しているわけではなく、本当に現代の子供は忙しいのです。

今回のケース、ホントに父親さんのせいではないんだけど、今の娘さんにとってパパは知らないおじさんと同じかもしれない。知らないおじさんに会うために、友達との約束を断らなきゃいけない、クラブの練習を休まなきゃいけない、週1回空けなきゃいけないっていうのは、残念ながら子供にとってストレスになります。。。。

毎日会ってる普通の父親に対しても「パパうざい」とか思うのが年頃の女の子です。早ければ4年生くらいから、遅くても6年生になれば女の子はみんなそんな感じです。それは女の子がみんな通る成長過程です。今回の娘ちゃんは今9歳。思春期&反抗期はすぐそこです。だからもう1日も早く裁判を終わらせた方がいい。

もうケンカは充分だ!ここは賢い父親さんが勇気ある決断を!

明後日の判決で、どちらに親権が認められたとしても、私は父親さんが譲ったらどうかと思います。連れ去った方が得をするのは私もずるいと思うし、父親さんに落ち度はないと思う。だけど本当に申し訳ないが、残念ながら時間切れです。子供が大きくなり過ぎました。

ここまで苦しんで、なんでまた父親側が折れなきゃいけないんだと意見もあるでしょうが、ネットニュースで見る限りの情報では、私は「父親さんの方が冷静に子供のことを考えられる人だ」と感じました。母親さんは頑なだし全然譲る気もなさそう。だからこそ、この件をうまく収めることが出来るとしたら、父親さんだと思う。それに、子供が大きくなってしまった今、勝訴でも敗訴でも、どっちにしても父親さんは月1の面会が現実だと思うから。

父親さん勝訴の場合でも、結局は月1の面会だと思うよ。

仮に父親さんに親権が認められたとしても、現実問題として4月に4年生か5年生になるという娘ちゃんと、突然一緒に暮らし始めるというのはやはり無理。6年ぶりに会うんですよ?娘ちゃんにとっては初めて会うのも同然。物理的には可能でも、娘ちゃんの心理的負担が大きすぎて、突然一緒に住んで普通にやっていけるとは到底思えない。

現実的には月に1回か2回の面会から始めて、数年後に一緒に住めたらという段階を踏むことになるでしょう。そうこうしているうち、娘ちゃんは中学生です。「早く一緒に住めるように毎週会いたい」と思っても残念ながら無理。子供はもう年齢的に「親よりも友達」です。娘ちゃんは休日は友達と遊びに行きたいし、習い事の発表会があったりする。娘ちゃんの都合を考えずに、会う回数を増やしたり、早く一緒に住もうとしたら、父親さんは嫌われます。焦って無理をすれば、それこそいい親子関係は築けない。現実的には「少しずつ」しか方法がありません。

母親さん勝訴の場合でも、月1の面会は認められる。

逆に母親さんが勝って、親権は母親さんのまま、月1回の面会交流という判決が出たなら、もう父親さんは控訴せずにそこで終わりましょう。最高裁まで争ったら勝てるかもと思うかもしれませんが、さらに時間かかって子供が5年生とか6年生になってしまいます。

仮に最高裁で親権が認められて引き渡し命令が出たとしても、ますます年齢が進んで、そろそろ中学生になろうかという難しい年頃の娘ちゃんと、突然一緒に住んで上手くいくわけがない。普通の家庭の一緒に住んでるパパだって、ママなしで思春期の娘と二人暮らしは難しいですよ。ずっと離れて暮らしていた父親さんは、娘さんの好きな食べ物すら知らないでしょう。責めているわけじゃありません。好きでこうなったわけじゃないですよね。でも、父親さんは娘ちゃんのことをほとんど知らないのが現実で、この年頃の女の子は簡単には心を開きません。

裁判している場合じゃない。思春期&反抗期が目前だから。

つまり、どちらに転んでも、結局は月1回程度の面会をしていくことになるんですから、裁判を続ける必要がない。思春期目前の女の子で6年も全く会っていないというこのケースは、、、

  • 仮に父親さんが親権を取ったとしても、すぐに娘ちゃんと一緒に住むことは難しい。
  • 月1回程度で慣らしているうちに、娘ちゃんが中学生になってしまう。
  • 最愛の娘とやっと一緒に暮らせるとなった時には、子供は思春期ど真ん中。親と関わりたくない時期です。自分たちも中学生の時そうでしたよね。親に望むのは住む所とごはんとお金だけ。

これを踏まえた上で一番良い選択を考えるとすれば、裁判してる場合じゃなく、出来るだけ早めに面会を始めることだと思います。娘ちゃんの年齢からして、思春期&反抗期はもう目の前です。中学生になる前の3年間で、父と娘の関係性をどこまで作れるかというところだと思います。

父親側と母親側、どちらの言い分が正しいとか、そこはあえてもう考えない方がいいでしょう。大人たちは「自分の正当性を主張したい」「私の気持ちを分かってほしい」「父親側に賛成」「母親側に賛成」などなどいろんな意見があるでしょうが、結局大人が出来ることは「子供のために、今からやれることを精一杯やる」ことしかありません。

目指すところは、娘さんが大人になった頃に「パパが頑張って裁判してくれてなかったら、一生パパに会えなかったかもしれない。ホントにありがとう。」って言ってもらうことかなと思います。一緒にお酒飲めるといいですね。頑張ってください。

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★Ameba公式トップブロガーになりました
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

コメント

  • はじめまして。思い切ってメールさせて頂きます。ブログ拝見させて頂き、勇気をもらった別居親の父親です。私には一歳二か月で妻(うつ病を患っています)に連れて行かれ、妻の実家に居る娘がいます。現在二歳二カ月です。現在面会交流調停の審判で決定した通り、控訴はせず月一回三時間妻と妻の親族の立会いの下、施設にて子供と会っています(10回会いました)が、私はもっと自由に会いたい、生活を共にしたいという思いです。離婚訴訟になり、現在は親権監護権を、妻が上記程度しか面会交流を認めないなら譲れないと伝えています。私が子供と生活をした方が、両親に頻繁に触れ合う事が出来るし、今の年齢の子供にとっても良いのではないかと考えており妻側に伝えています。子供の年齢がこのような場合、私としては毎日でも一緒に過ごしたい、せめて週に一度は愛情をいっぱい伝えたい気持ちでいますが、Bettyさんはどのように感じられるかお伺いしたくなり、大変失礼だとは思いましたがメール致しました。詳細が分からず返答しにくい事とは思いますが、返信頂けましたら嬉しいです。どうか宜しくお願い致します。

    by sawa.m €2017年1月25日 12:08 AM

    • sawa.m様、メッセージありがとうございます^^2歳2か月のお嬢さん、一番可愛い時期でしょうね。お気持ちお察しします。
      ブログ記事の10歳前後のお子さんとは違い、sawa.mさんのお子さんはまだ小さいですから親に遊んでもらうのが嬉しいと思いますし、それが必要な時期だと思います。お友達との関わりは幼稚園に入る年齢3~4歳からで大丈夫だと思います。お子さんのことを一番に考えると、親との関わりが最優先で、せめて週1回面会したいというsawa.mさんのご意見は正しいと思います。状況がよく分かりませんが、sawa.mさんが子育てしながら働けるのであれば(保育園の送迎や、子供のごはん、家事など)、sawa.mさんとお子さんが一緒に住むのもありだと思います。
      ただ、心配なのは奥様の状況です。今現在、お子さんと暮らしているのは奥様とご実家ということなので、その人たちの機嫌を損ねてイライラさせると、お子さんにしわ寄せがいく可能性があります。それでなくてもイヤイヤ期で、元気な奥さんでも普通にイライラする時期です。それに加えて「子供を取られるかも」「週1回必ず面会しなければいけなくなった」となると、非常にストレスになる可能性があります。私は娘が2~3歳の頃、相手が誰であれ、子供を連れて待ち合せをするのが非常にストレスでした。「何時にどこ」というのが予定通りにいかないからです。早めに起きて準備しても、娘が道でありんこを眺めて30分(そろそろ終わろうかというと泣いて怒る)みたいなことになったり、荷物は多いし、お昼寝のタイミングもあったりと、出かけること自体がイヤで面倒でした。
      私は自分が落ち着くまで「子供のために面会を」というところまで全く頭が回りませんでした。今思うと、離婚前後は私どうかしてたなと思うくらい、精神状態が不安定でおかしい状態になってました。自分が落ち着いて初めて目が覚めた感じです。ですから、まず奥様が安定することが、遠回りに見えて一番近道ではないでしょうか。それとブログにもあちこち書いてますが、奥様にもメリットがある面会(ついでに買い物してきてくれるとか)を心がけるといいかもしれません。頑張ってください^^

      by シングルマザーBetty €2017年1月26日 3:22 PM

  • 返信頂きありがとうございます。私はもちろん子育てしながら働ける環境ですし、同居時にも喜んでしていたので子供も本当に懐いてくれていました。第三者が驚くほどでした。なのに、子供を全く知らない間に連れて出て行かれてしまい、弁護士を通してしか話が出来なくなると、こんなにも簡単に子供に会えなくなるなんて思ってもみませんでした。追い打ちをかける様に、妻の弁護士から、私に子供を連れ去られるのが怖いという理由で子供を会わせたくないと言われた時は、どうしても理解する事が出来ず本当に地獄の日々でした。今は何とか子供の為にも離婚を回避して一緒に暮らしたい気持ちでいますが、妻の安定を優先する事が近道ですか。。。妻の主張(離婚)を一旦受け入れ、裁判所で決定された月一回3時間の子供との時間を過ごす事しかできない状態に従うしか方法がないのでしょうか。。。本当に悔しいし悲しいですが。。。もうしばらく考えてみます。大変ご丁寧にアドバイス頂きありがとうございました。また、何かBetty様が思う事がありましたら是非教えて頂きたいと思います。頑張ります!

    by sawa.m €2017年1月27日 11:47 PM

    • そんなに簡単に子供に会えなくなってしまうんですね…。
      離婚しないと奥様は落ち着きそうにないですか?別居で落ち着く見込みはないでしょうか。逆に言うと、離婚さえすれば奥様は納得して冷静に話し合える感じですか??
      事情が詳しく分からず大変申し訳ないですが、奥様の「離婚したい」「子供を連れ去られるのが怖い」という主張は、本心というよりは、病気(うつ病?)で正常な判断が出来ないからということはないですか?
      私は正直おかしくなってました。「とにかく離婚、今すぐ離婚!」と思い詰めていて、要は私もうつ状態に陥ってまして、精神状態が乱降下するのを自分でどうにも出来ず、元旦那や向こうのご両親にも噛みつくような勢いでしゃべってましたし、全然眠れないからイライラするし、かと思うと涙が止まらなくなったり。娘は当時2歳前くらいでしたが申し訳なかったです、こんな状態の母親で。
      うちの場合、元旦那は娘に興味がなく、親権がほしいとも娘に会いたいとも全く言わなかったので、必然的に私が娘を連れて家を出ましたが、家を出たらすごくホッとしたのを覚えてます。心療内科に通えるようになって、処方された薬を飲むようになったらまたちょっとラクになり、仕事を始めて世の中と関わりができ、金銭的に落ち着いて…だんだん目が覚めました。今となっては、なんで自分があんなに荒れていたのか、自分で自分が理解できません。本当にどうかしてました。
      弁護士さんを通してしか連絡が取れないとなると、奥様の状況を把握するのも難しいかもしれませんが、私のように自分で我に返るケースもあります。先日の東京高裁の件は本当に残念ですが、日本の現状では離婚後にsawa.mさんが親権を得て一緒に暮らすというのは、一筋縄ではいかないかもしれません。でも子供のために最善の道を探すことを諦めないでください。最悪、現状のまま月1回の面会という状況が続いても、3歳半を過ぎれば子供は結構言いたいことを言うようになります。絶対に「パパにもっと会いたい。なんでちょっとしか会えないの。」と言います。私もそれがきっかけになりました。正常な判断が出来る状態の母親なら、子供が悲しんでいるのを何とかしたいと思うものです。ですから奥様が落ち着けば少なくとも会える回数や時間は増えていくと思うし、状況は変わっていくはずです。応援してます。頑張ってください。

      by シングルマザーBetty €2017年1月28日 2:52 PM

  • ありがとうございます。Bettyさんの当時の気持ちを教えて頂き本当にありがとうございます。現在も訴訟中の身である為、詳細をこの場でお伝えする事が出来ないのがもどかしいですが、私は本当にびっくりするぐらい簡単に子供に会えなくなりました。たった一言、弁護士を通してくれ、無理に来たら警察を呼んだらいいと弁護士に言われてるから、と義父に言われ、私にはもう訳が分からず本当にパニックでした。義父から弁護士を通してしか話さないと伝えらた時、私を陥れようとしていると感じ、私も弁護士に相談しました。そして、面会交流調停を申し立てました。mixiで相談したところ(私はこの世界には疎い人間だと思います。すみません。)、この問題に深く携わっている方をご紹介頂き、無理に会いに行くと警察を呼ばれ接近禁止令が出ていただろうと、無我夢中で子供に会いに行かなかったのは正解だったと言われ、当初は理解できていませんでしたが、様々な同じ境遇の方の話を聞き、今よりもっとひどい状況に私も簡単になっていたんだと理解できました。現在、別居が約一年続いており、おそらくこのままの状態が続けば、先日の高裁の通り、今の日本の「継続性の原則」では離婚し、親権は妻と判断されると思います。そして、月一回子供と3時間過ごせたら良いと判断されてしまう事に絶望感しかありません。が、出来る限り、子供にとっての最善を考えて、妻に気持ちが伝わる様頑張ってみます。頑張れば頑張るほどに、数年の時間がかかり、すぐに5,6年経ち、結果、もう時間が経ち過ぎた、となってしまわないか心配でもありますが。。。伝えたい事がまとまっていませんが、状況が変わる事を信じ、もう一年は耐えてみようと思いました。本当にありがとうございます。

    by sawa.m €2017年1月28日 11:30 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 ※2017年6月よりAmeba公式トップブロガーとしてもブログ活動をしています。開設4ヵ月で読者数2万5千人を突破しました。ありがとうございます。 [詳細]

インスタとランキング

Instagram にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^


sponsored link