私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

母子家庭が運動会で困ることベスト3!その対処法を考えてみる

time 2017/05/10

母子家庭が運動会で困ることベスト3!その対処法を考えてみる

こんにちは!シングルマザーBettyです。GWも終わり、もうすぐ運動会シーズンですね。私がシングルマザーとして子供の運動会に参加したのは、保育園と小学校を合わせて合計9回。今回は母子家庭が運動会で困ることベスト3と、その対処法について考えてみます。

sponsored link

母子家庭が運動会で困ること第1位!お弁当タイム

シングルマザーが運動会で一番困ることと言えば、お昼のお弁当タイムじゃないでしょうか。学校によっては、子供だけで教室に入ってお弁当を食べるところもあるようですが、一般的には子供と保護者が一緒に校庭で食べることが多い。

こんな時はやっぱり家族の人数勝負になりますよね(笑)!別に勝ち負けなんて何もないんですけど、両方のおじいちゃんおばあちゃんに両親、兄弟、子供たち、家族総出10人とかで食べてるおうちもあるわけで、そんな家族のお弁当タイムはとっても賑やかです。

一方、私Bettyは母子家庭ですので、私と娘、以上2人ってことになってしまう!!せめてもう一人子供がいれば3人になるのに!!そんなの気にしないくらいの強いメンタルがあればいいのですが、賑やかな運動会の校庭で、二人だけでお昼を食べる…勇気がない。寂しい。なんだか惨め。

対処法としては…人数を増やす。

そんな私の心情を察してか、私の両親と兄が毎年来てくれます。ありがたい。おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、ママ、子供、5人いると寂しくないです(笑)

親戚関係が難しい人は、自分の友達に声かけてみてください。意外と「行きたい」って人がいるので驚きますよ!独身の友達が「普段お一人様で家族行事とは無縁だから行ってみたい!」と言って来たり。共働きで育休中(お子さん6か月)の友達も「今後のために、最近の運動会ってどんな感じなのか見ておきたい」とかって来ました。

私からすると「小学校の運動会なんて他人が見ても全く面白くないだろう」と思っていたんですが、意外なニーズがあるんだなと思いました。小さい子が来るとこれまた賑やかで楽しくなりますよね。

パパも呼べば人数が増えるんでしょうが、私は元夫を娘の運動会に呼んだことはありません。元夫が「運動会に行きたい」と言ったことがこれまで一度もなく、娘も不思議と「パパに運動会見てほしい」とは言わないんですよね。娘が運動得意じゃないからかな(笑)。娘にとってパパは休日に遊びに行く人って感じみたいですね。

母子家庭が運動会で困ること第2位!場所取り

運動会の場所取りと言えば、お父さんの仕事。うちの小学校では、運動会当日朝5時とか6時からパパが並んでいます(もっと早いかもしれませんが、私は寝てるので知らないww)。

ママはお弁当作りがあるし、子供にごはんを食べさせて送り出さないといけないので、朝からずっと小学校の門の前で並んでいるわけにはいきません。母子家庭は親が一人なので、人数が足りない(笑)。私も一回も並んだことがないです。

対処法:場所取りはしない!という選択

代わりに早朝から並んでくれる親戚等いたらいいんですけど、そんな人もなかなかいないので、場所取りはしません。ですから私は毎年立ち見です。

場所取りをした家族は、校庭にシートを敷いて座って見るんだと思いますが、私にはその陣地がない。運動会が始まる時刻ギリギリに学校へ行き、人は座れないけど荷物は置ける程度の隙間を見つけて、小さ~くシートを敷いて荷物を置く(笑)。あとはずっと立ち見ですが、写真撮ったり、知り合いとしゃべったりしてると、そんなに不自由は感じません♪

お弁当タイムは体育館が開放されるのでそこで食べます。その時間に合わせて、うちの両親が昼前に登場します。ジジババはずっと立ち見は体力的につらいからです。

母子家庭が運動会で困ること第3位!記録係が足りない

私一人で、動画と写真を両方撮ることが難しい。そう、ひとり親だと記録係が足りないのですよ。そんなわけでウチは、兄が動画を撮り、私が写真を撮るという役割分担になりました。分担できる親戚がいないというシングルマザーさんは…

対処法:記録はそこそこで良いと割り切る

運動会の動画を、1年後にもう一度見たりとか…します?意外と見なくないですか(笑)?撮った直後に再生して「おお~!すごい!」と見るのはたまにあるけど、数年後に「娘が1年生の運動会の動画見よう!」なんて思うことは皆無。だって運動会は毎年毎年行われ、動画はどんどん増える。

保育園時代の運動会は見た目も可愛いくて「この瞬間は今しかないんだ!」と思って必死で記録しましたが、小学校入ってからはだんだん適当になってきました(笑)。最初から最後までしっかり撮らなくても、思い出すきっかけになる程度に写真や動画を撮ればいいかなと最近は思ってます。

動画も写真も多すぎると管理に困る

兄が動画を撮ってくれてありがたいんですけど、撮ったそのままだとものすごく長いじゃないですか。例えば徒競走だって、娘が走るだいぶ前からカメラ回してますからね。そういうのをカットして編集する作業が私にはこれまた非常に面倒くさくて、皆さんどうしてるのかなあと思う。テレビ番組のスタッフは何十時間も撮った映像を、良いところだけ切り取って1時間にまとめるわけでしょう?尊敬するわ~

同時に、カメラマンとかテレビマンを旦那さんに持ったら、ものすごく得なんじゃないかと…昔は全く考えたことなかったけど、そんな風にも思ったりします。はい。

ハイライト30分にまとめてDVDに焼いてある動画とか、キチンとアルバムになってる写真なら、繰り返し見るかもしれませんがその手間が結構大変。やってる人の方が少ないと思う。撮っただけの動画や写真はただ保存するだけでしょう。遠い将来もしかたら見るかもねというレベル。しかも翌年また同じような動画や写真を保存するんですから、記録はひとり親の出来る範囲で充分ではと思います。

文字で感動を残そう!

思い出をしっかり記録したい!でも動画と写真を一人で撮るのが大変!というシングルマザーさんは、日記を書くのはどうでしょう。騎馬戦で活躍してこんな表情だったとか、母ならではの感想を残すのも素敵な「運動会の記録」だと思います。心のシャッターってやつですね。

母子家庭 VS 運動会のまとめ

たぶん子供って大人が思うほど気にしてないんじゃないかと思います。私はいわゆる普通の家庭に育ちましたが、運動会に父が来なかった年は何回もあったと記憶してます。父は単身赴任してた時期もあり仕事でいつもいなかった印象。ちなみに、おじいちゃんおばあちゃんが来たことは一度もないです。父方の祖父母は既に亡くなってましたし、母方はかなり遠方でした。

ですから私の運動会は母と兄と私の3人で運動会のお弁当食べてました。だからといって寂しかったという記憶はなくて…私は運動が得意じゃなかったので「どうしてお父さん見に来てくれないの?」と思ったことも全くないです。

このように忙しいパパさんもいると思うし、学校や保育園の先生をしているママさんは、勤務先の運動会とかぶると、自分の子の運動会には行けませんよね。色々な家族がいると思います。賑やかで楽しそうに見える家族につい目が行って、羨ましい…という気分になるかもしれませんが、子供のために出来ることを精一杯!これでいいんじゃないかな。運動会、頑張りましょう^^

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★Ameba公式トップブロガーになりました
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

コメント

  • はじめまして!
    奥さんを卒業して早20数年、都内で働くアラフィフ会社員です。離婚当時0歳、2歳、4歳だった娘達は3人とも無事に成人し、末娘も就活を終え、いよいよ3月に大学を卒業します。
    さて、昨日からBettyさんのブログを読み始めましたが、どのエピソードも私の事かと思えるほど共感する事ばかりなんです。
    浮気発覚の場面、義母に夫の浮気を打ち明ける話、引越しの段取りをして家を出る状況…等々、まるで20数年前の私を見ている様で、ただただ驚くばかり!
    あの頃は本当に辛くて悲しくて大変でしたが、今となっては当時のことが嘘のように幸せな毎日を過ごしています!
    いつかどこかでBettyさんと、お茶とか飲みに行くとかご一緒できたら、きっと話が盛り上がってかなり楽しいでしょうね〜!(笑)
    子育て、恋愛、お仕事… 頑張ってくださいね。
    応援しています!

    by mint €2017年10月12日 2:37 AM

    • mintさんコメントありがとうございます^^
      アメブロの方もお読みいただきありがとうございます♡
      そんなに状況が似ているとは驚きです(笑)
      …ということは私もmintさんみたいになれるってことですね!楽しみ!
      末のお子さんも大学卒業間近、なんかもうすごく感慨深いですね…!
      私も頑張ります^^

      by シングルマザーBetty €2017年10月12日 2:10 PM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 ※2017年6月よりAmeba公式トップブロガーとしてもブログ活動をしています。開設4ヵ月で読者数2万5千人を突破しました。ありがとうございます。 [詳細]

インスタとランキング

Instagram にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^


sponsored link