私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

面会で元旦那に「はあ!?」と思ったこと&自分の未熟さを反省

time 2017/07/21

面会で元旦那に「はあ!?」と思ったこと&自分の未熟さを反省

こんにちは!シングルマザーBetty(ベティ)です。先日娘11歳は、パパ(元旦那)と二人で遊びに行きました。東京方面に行ったのですが、思ったより早く帰って来たんですよ。で、「意外と早く着いたね!」と娘に言ったら…

sponsored link

娘いわく「東京から新幹線で帰って来た」

私は横浜の果てに住んでます。そうは言っても、東京駅まで電車で1時間くらいですよ。元旦那はなぜ娘を新幹線に乗せたんだ!!!?30分早く着くだけですよ?

その日私は仕事帰りに実家へ、娘も面会帰りに実家へ行く日でした。私の実家で、父母と私と娘、4人で夕飯を食べている時、「私:意外と早く帰って来たね~」「娘:うん。東京から新幹線で帰って来たから。」という会話になり、父母と私、驚愕!

元旦那は東京から娘と一緒に新幹線に乗り、娘に「新横浜でちゃんと降りるんだよ。名古屋まで行っちゃうからね」と伝えて、自分は品川で下車したらしい。

  • この短い距離でなぜ新幹線に乗ろうと思うのか
  • 小学生にそんな贅沢させちゃダメだ
  • 娘が名古屋まで行っちゃったらどうすんだ
  • 娘、よく一人で新幹線を降り、自分で在来線に乗り換えて帰って来たな…

というような事で私と父母で、やんや騒ぎまして、娘11歳はきょとん。「大人(パパ)に言われた通り帰って来たのに、ママたち何か怒ってる…?」

自分の未熟さを反省。フェアじゃない。

娘11歳にとっては、やはり一緒に住んでいるママ(私)側に、影響されやすいですよね。その状態で私が元旦那を批判すると、「パパは非常識(ってママが言ってたし)」と娘が思ってしまうかも。それはフェアじゃないし、避けたいと思いました。で、実家からの帰り道、娘と歩きながらちょっとフォロー(笑)。

ママさっきは驚いちゃったから、ジイジやバアバと一緒に「新幹線を使ったパパはおかしい」みたいなこと言っちゃったけど、人の価値観ってそれぞれだから、パパはおかしくないよ。何を大事にするかってことが違うだけだよ。

パパはお金より時間が大事なんだね。ママは…ものすご~く疲れてたら新幹線乗るかもしれない。ママはお金よりは身体を重視する。たぶんバアバはあの距離で新幹線に乗ることはないよ、差額でケーキ買った方がいいって考える人だね。

何を大事に考えるかは人それぞれで、パパもママもバアバも、どの考え方も正解だし間違ってない。人に迷惑かけるようなことはダメだよ?借金してまで贅沢したらダメだけど、いろんな考え方があっていいとママは思うよ。忙しい小池百合子だったら新幹線どころかヘリに乗るのが正解かもよ?

娘は大人しく私の話を聞いたあと、能天気に言いました。「パパって小池百合子ばりに忙しいの?」…知らんがな(笑)

元夫婦でも、子供の教育方針を話合うべきなんだろうか?

自分と違う意見の人を全否定するような、そういう人間にはなってもらいたくないと思いながら、うっかり娘の前で元旦那を否定してしまうところでした。危ない。私、まだまだ未熟だと感じました…。

ただ同時に…そうは言ってもウチは母子家庭ですし、あの距離を新幹線に乗るのが普通とは思ってほしくないなあと思いました。娘がもう少し大きくなって、自分でバイトしてお金の価値が分かれば大丈夫なのかなあ。

娘が1歳半で離婚し、3歳から面会を始めて、もうだいぶ経ちました。娘と元旦那の間にはそれなりに親子の絆があるし、娘もパパが大好きです。それについては本当に良かったと思ってます。

ただ、離婚して10年を経過し、私と元旦那の価値観はさらに離れていっているのも事実。これまで曖昧にしてきましたが、この先の教育方針について少し話し合った方がいいのかなあと思った出来事でした。

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★Ameba公式トップブロガーになりました
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

コメント

  • 初めまして〜
    「パパって小池百合子並みに忙しいの?」ってとこで
    ふいちゃいました(笑)
    本当に価値観が違うと教育方針で困りますよねぇ
    それに子供に対する心配の仕方とかの価値観も違うと
    万が一何かあった時は責任取れるのかよっっ
    とも思っちゃったりして。。。
    難しいですねぇ
    自分の未熟さを痛感します

    by 子ども命 €2017年8月9日 11:53 AM

    • コメントありがとうございます^^
      私も「パパって小池百合子ばりに…」の発言を聞いて、「そこかい!!」って思ったんです(笑)。子供って面白いですね~
      万が一何かあったときの責任、まさに私もそれ考えちゃいました。。。私が過保護なのかしら~と思いつつ、成長度合いは私の方が把握できているのだから今回のはちょっと…と思ったり。でもまあ結果的に無事帰ってきたところをみると、かわいい子には旅をさせよなのかな~とか(笑)難しいですね。

      by シングルマザーBetty €2017年8月10日 2:13 PM

  • 初めまして。なんのきっかけか分かりませんがこちらのブログに辿り着き、「面会までの〜」の一連の投稿を拝読して号泣してしまいました。
    当方、母子家庭で育った44歳の中年女です。私は多分1歳半か2歳くらいに父と離れて以降一度も面会ということをしたことがないのですが、そのため”オトウサンはいない。初めからいない。いるという概念がない”ときっぱりはっきり不在が身についており、高校生の時生まれて初めて父の写真を見せられ、自分の顔が父親似だという事実を知った後も、思慕の念の欠片すら湧くことなく今日に至っています。むしろ、自分にはオヤジなんていう足枷がなかったおかげで楽しい人生を送って来られたと自負しており、その意識は今、夫の娘に対する言動を見るにつけ確信が深まるばかりです。
    それでもベティさんのブログを読んで泣いてしまうってなんでしょうね。
    常日頃自覚している矛盾がありまして、それは、子どもたちには高校卒業くらいまではフタオヤ揃った環境を提供し続けてあげたいという思いなのです。クソつまんない家庭であろうとも、フタオヤ揃った家庭で育って欲しいと思ってるんです。不思議なんですよねぇ、母子家庭に育って辛かった思い出なんて一つもないのに。
    ちなみにうちの母はダメな人だったんです。実質、叔母が私の面倒を見てくれた、というか私と母の面倒を見てくれたの。ベティさんの選択は、右に行こうが左に行こうが、進もうが止まろうが、ちゃんと娘さんの幸せを考えてのことだから何がどうだろうと大丈夫!って思います。子どもだってちゃんと置かれた環境を自分に都合よく栄養にして生きて行く能力を持ってるから!

    by り €2017年10月9日 2:17 PM

    • コメントありがとうございます^^
      りさんに「何がどうなっても大丈夫」と書いてもらってとても力づけられました。
      娘が大きくなって家庭を持った時どんな風に思うんだろうかとも考えさせられました。
      どっちにしても今出来ることを精一杯やるしかないですね!ありがとうございます^^

      by シングルマザーBetty €2017年10月10日 1:02 PM

  • こんばんは。
    私はこれから旦那と調停離婚を進めて行く者です。
    2歳の娘と、まだ産まれたばかりの息子がおり、面会で悩んでいます。
    旦那は子どもとの面会を強く望んでいるようです。
    旦那が子どもの事を可愛がっている事は一緒に暮らしていた中で、分かってはいます。
    2歳の娘は、なんとなくパパとはもう会えないのを分かっているようでとても辛いです。
    離婚を決めた当初は、子どもとの面会は絶対させたくないと思っていましたが、大人の事情で子どもにとって大好きなパパに会わせないのは、子どもにとって幸せな事なのかと今は気持ちが揺らいでいます。

    そん中でこのブログを見つけ、夜な夜な自分と自分の子ども達に置き換えて考え、泣いてしましました。
    Bettyさんの様に、幸せな未来が開ける様、時間をかけて結論を出したいと思いました。
    ありがとうございます。

    by mkr €2017年10月19日 1:54 AM

    • mkrさんコメントありがとうございます^^
      これから調停離婚ということで、いろいろな気持ちがおありだと思います。
      ご自身だけでなくお子さんの人生を左右することでもありますから、人生で一番悩む時期かもしれません。その状態が苦しいかもしれません。私も悩んでグルグルする状態がつらかった記憶があります。でもmkrさん、焦らずに落ち着いて考えてくださいね。トンネルを抜ける日がきっときます。応援してます。

      by シングルマザーBetty €2017年10月19日 9:57 AM

  • お返事ありがとうございます。
    時間をかけてゆっくり結論を出して行きたいと思います。

    by mkr €2017年10月21日 6:41 AM

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 ※2017年6月よりAmeba公式トップブロガーとしてもブログ活動をしています。開設5ヵ月で読者数3万人を突破しました。ありがとうございます。 [詳細]

インスタとランキング

Instagram にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^


sponsored link