【感想】宮迫さんと中田さんのYouTube新番組「win win wiiin」がすごい理由3つ

11/21の夜7時、私は娘14歳と共にYouTubeを開いてスタンバイしていた。中田あっちゃんと宮迫さんのYouTube新番組「win win wiiin」をリアルタイムで見るために。

演者みんなwinになるのがすごい!

YouTube新番組「win win wiiin」は、中田あっちゃんと宮迫さんとゲスト、3人全員がwinになるトーク番組。具体的にはゲストの魅力を中田あっちゃんがプレゼンして、宮迫さんがゲストにつっこむことで、ゲストの魅力が最大限発揮される、そういうコンセプトで始まっている。

そもそもの始まりというか、中田さんのYouTubeはちょいちょい見ていて、そんな中で宮迫さんに「こういう番組やりませんか?」と誘っている動画を2ヶ月前くらい?に見ていた。

僕らの全技術を総動員して、ゲストをめちゃめちゃ美味しく最高におもてなしするんですよ。それで「あの番組に出たらハネる」とみんなが思って出たくなる番組にしたい。

そんな話だったと思う。宮迫さんの聞き手としての力、あっちゃんのプレゼン力、ゲストの魅力、全員が輝く番組に!というコンセプトを聞いて面白そうだなと思って楽しみにしていた。

まさに番組を見てその通りドンピシャだった!

宮迫さん、あっちゃん、手越くん、3人全員に対して好感度アップ。前半を中田あっちゃん、後半を宮迫さん、収録後の番外編を手越くん、それぞれのチャンネルで流すので、

私これまでちょっとしか見たことなかった宮迫さんのYouTubeをアレコレ見て「こんなに歌が上手いのか!」「こんな面白い人なのか!」と再発見することになり、

手越チャンネルで収録後の3人の原宿デート動画を見たあと、手越くんの他の動画も何本か見ちゃった。花魁姿はマジ圧倒的にキレイですごかった!

私はあっちゃんから来たけど、宮迫さんから来る人、手越くんから来る人、いろんな視聴者がいて、そういう人たちが全員のユーチューブチャンネルを回る中で、ついでに他の動画も見てその人の新たな魅力を知る。これは間違いなくwinだ。

でもそれだけじゃなかった!スポンサーもスタッフもwinだ!

スポンサーもwinになるのがすごい!

第一回の「win win wiiin」はYouTubeのいつもの広告が全然入らなくて「初回だからあえて広告はずしてるんかな?」と思っていたら、番組の最後でその日あっちゃんと宮迫さんが着ていたスーツをご本人たちが紹介!

二人共すごく似合っていたし、「ロコンドという会社が品質の良いオーダーメイドスーツを手ごろな価格で販売してるんだな」ってことがよく分かった。

何しろあっちゃんの説明だから分かりやすいw

で、二人が言うわけよ。「ロコンドの社長、頭おかしいんすよ!笑」

この日のスポンサーはロコンドだそうで、そのロコンド社長は、どう転ぶか分からないYouTubeの新番組に何千万も出してくれた「頭おかしい」人…そんなん聞いたら興味湧くよね。

それで私、検索したり何なりしているうちに、気付いたらロコンドのYouTubeチャンネルを見てて、その「頭おかしい」社長さんが『宮迫さんのやることは全部応援する』『でも一部上場企業としてちゃんと費用対効果も考えてる』みたいな話をしてるのを見た。

ロコンドも好きになっちゃった←単純w

それまでは『デヴィ夫人がコマーシャルに出てた靴のロコンド』という印象しかなかったけど、社長さんの人柄とか、社員さんの姿とか見てファンになりました。宣伝効果が高いと思う。

キングコングの西野さん(たぶんね)がどこかでこう書かれてた。

テレビ番組はCMの前に引っ張るけど、それって『このあと面白くないCMになっちゃうけどチャンネル変えないでね』とあからさまに言っているようなもので、そんなことをするからテレビは滅びる。

要は、テレビ製作側がCMを嫌なものとして扱ったら、スポンサーは全然winじゃない。さらに言うなら、嫌なものを見せられている視聴者もwinじゃない。あっちゃんと宮迫さんの「win win wiiin」はその問題を解決している。

このYouTube番組は、企業CMのあり方を変えるかもしれないと思ったよ!

スタッフまでwinになる!ドラマがあちこち転がっているのがすごい!

番組の中で宮迫さんが「番組セットの階段がこんなに高いなんて!何百万やで?」みたいな話をしてて、その流れであっちゃんが美術さんとの打ち合わせについて語っていた。

それ!全部コンテンツになるじゃん!

裏方さんのいろんな様子も全部動画にできるし面白いと思った。たとえばカジサックとか宮迫さんの普段のYouTubeって、わりとスタッフさんも出てきて、彼らはテレビタレントみたいな知名度はなくても、そのYouTubeチャンネルを見ている人にはすごく親しみ深く、視聴者はそのスタッフさんのやることに興味がある。

今回の「win win wiiin」の初回ゲストを決めるスタッフ会議とか、番組セットを作るまでの美術スタッフの奮闘とか予算のやりくりとか、私は単純に興味があるしそういう動画がアップされたらたぶん見ると思う。

テレビでは成立しないのかもしれないけど、YouTubeは放送時間や回数に何のしばりもない。「win win wiiin外伝」みたいな立ち位置で動画をアップすれば、スタッフも得になりwinだと思う。

というのも、今後はタレントだけじゃなくスタッフや会社員も「どこに所属している人か」ではなく「その人本人の力」が問われる時代になってくるから、個人の名前、実績、人柄が記録(ネット)に残るような仕事の仕方は非常に大事

スタッフに焦点をあてた動画をYouTubeにアップするということは、単純に番組のファンを楽しませるだけじゃなく、スタッフ本人の宣伝に使うことが出来る。その動画URLのQRコードをスタッフ自身の名刺に印刷しておけば、今後の仕事で話のネタにもなるし、実際の仕事ぶりや人柄を映像で知ってもらえる。

関わる人みんながwinになるコラボ、仕事とは本来こうあるべきで、非常に刺激を受けました。

去年イベントをした時、私はすごくwinだったけど、おかんさんにwinを提供できていたかどうか。おかんさんの知名度・影響力・集客力に助けてもらっただけだったな…( ;∀;)がんばろう。何をどう頑張るべきなのか、今はちょっとまだ分からない。。。

残念なところ、1つだけ言わせてもらうなら

番組名の「win win wiiin」が打ちづらい!いや、これって意外と大事だと思うの。リアルタイムで見てる時も、応援したくてツイートしようと思ったんだけど、ハッシュタグにこの番組名つけんの面倒くさい。

表記は「win3」で読み方は「ウィンウィンウィーン」てことにしたらいいと思う。

その方が絶対拡散しやすい。でももうあの番組名で始まっちゃったから、あっちゃんと宮迫さんが「拡散してくれる人は、ハッシュタグwin3をつけてね」とハッキリ言った方がいいと思う。「恋つづ」「アナ雪」とか、ヒットするものはだいたい分かりやすい名前が付いてる。

win3めちゃめちゃ応援してます。ロコンドさんスポンサーありがとうございます。第2回も3回も作れるようにスタッフさんも演者さんも頑張ってほしい。

この点も素晴らしいよね。テレビ番組だと数回で終わると「打ち切り」とか言われるけど、この番組は2回目があるか分からないんだもん!笑

 

番組を続けられるかっていうドラマもある。どこを切り取ってもコンテンツになると思ってゾクゾクした。本当応援してます!

まだ見てない人は「win win wiiin」ここから見れるよ

「win win wiiin」第1回前編→こちら(中田さんYouTube)

「win win wiiin」第1回後編→こちら(宮迫さんYouTube)

「win win wiiin」収録後の原宿3人デート→こちら(手越さんYouTube)

「僕が宮迫さんと中田さんに◯千万円投資した理由」→ロコンド社長