私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

読み聞かせ歴10年のママがおすすめする、小学校高学年向けの本!

time 2016/08/06

読み聞かせ歴10年のママがおすすめする、小学校高学年向けの本!

こんにちは!シングルマザーBetty(ベティ)です。私は娘が0歳の時から10年に渡って読み聞かせをしてきました。読み聞かせに効果があるのかと聞かれると「多分ない」と答えますが(→詳細は過去記事)、長年やってきて「これは…!」と思った本を紹介します。大人も泣ける、考えさせられる物語です。

sponsored link

コメント欄で教えてもらった、知る人ぞ知る名作

読み聞かせに関するブログ記事はいろいろ書いてまして、その中で読者様が教えてくださったのがこの本、「はなはなみんみ物語」です。小人のお話ということで楽しいファンタジーなのかと思ったら、人間の争いについて深く考えさせられる傑作でした。

最初の50ページはガマンして読むべし

この本は、はなはな(男の子)とみんみ(女の子)の兄妹が主人公となっています。で、最初の方、イマイチよく分からないです。後で分かるんですけど、とにかく最初面白くないです(笑)

娘10歳に、夜な夜な読み聞かせをしながら、「なんかよく分かんない話だからやめとく?」と私3~4回言ったと思います。でも娘10歳が「もうちょっと読んでみる」というので、私は最初の数日、しぶしぶ読んでました。娘が「もうちょっと読む」と言わなければ、この名作をスルーしてしまったかもしれないので、娘10歳グッジョブです。

予想外の展開が、鳥肌もの。

読み進めるうちに、かつての大戦争で、小人が魔法や武器を使って争った結果、小人がほぼ全滅したらしいということが分かってきます。作者の意図するところは、魔法「空を飛ぶ」が、戦闘飛行機。武器「いかり草」が弾薬や核兵器でしょうか。

本当はみんなが食べるジャガイモを植えたいのに、なぜか畑一面にいかり草(核兵器)を植えることになった過去が明らかになってきます。どうして誰も止められなかったのか。どこで間違ってしまったのか。作者からのメッセージがジワジワ効いてくる。

娘10歳は作者からのメッセージを感じつつも、どちらかというとストーリーの中で活躍するキャラクターや展開に注目しながら「冒険もの」として読んでいたようです。大人の私はひたすら心が痛かったです。

「いかり草(核兵器)を使えば、勝てるわ!」に見る、人間の悲しさ

はなはなが敵につかまり、いよいよ追い詰められ、他に打つ手がないという状況になったとき、妹のみんみが泣きながら必死で言うんですよ。

「いかり草(核兵器)を使えば、勝てるわ!」
「はなはなを助けるにはその方法しかない!」
「相手がいかり草を使う前に、こっちが…」

これは、心に突き刺さりましたね。切ないまでに、人間の本質を見事に描いています。今思い出しても私泣きそうです。果たして、みんみ達は、いかり草を使うのか?使わずに仲間を助ける方法はあるのか?

何が正しいのか?様々な立場を見事に代弁する登場人物たち

いろんな人が出てきます。いや、小人と動物が出てきます(笑)

  • 自分が牢屋から出たいために、いかり草の秘密をしゃべろうとする者
  • いかり草(核兵器)を発明しそれを後悔しながらも、捨てることが出来なかった者
  • 大切な人を守るためなら、武器を使ってもいいと考える、かつての戦争を経験していない者。

胸にせまってくるものがあります。続きはぜひ、本で読んでいただきたいです。娘10歳もいろんなことを考えたようです。読書感想文にもピッタリの一冊だと思います。課題図書を図書館で借りそこなった!という人は、ぜひ、はなはなみんみ物語をどうぞ。世界中の政治家に読んでもらいたいです。ノラ子さん、素敵な本を教えていただき本当にありがとう。

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★日々の徒然なる日記をアメブロで書いています↓
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 [詳細]

インスタとランキング

www.instagram.com にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^


sponsored link