面接に進めない人へ。転職活動前にはネットで自分の〇〇をチェックしよう

電話

こんにちは!ベティコです!私は離婚してシングルマザーになったあと、都内の不動産会社で採用の仕事をしています。

現代の就職・転職活動ではやっぱりネット関係に注意が必要です。

当社にもいろんな方が応募してきますが、ネット関係で不利になっている方を度々見かけますので、気を付けるべきポイントを解説します。

「応募者の名前でフェイスブック検索」は当たり前の時代

当社だけでなく、他社の人事担当者さんも必ずやっていると思いますよ!応募者さんのお名前でフェイスブック検索!

めずらしい苗字の氏名でフェイスブックがヒットすれば、おそらく本人だろうなと思いますし、ありふれた名前でも、応募情報の学歴や生年月日と、フェイスブックに記載されているものが一致すれば、ほぼ本人だろうと推察し、内容をチェックします。

最近フェイスブックをやっている人が減った気もしています。ですから「前やってたけど、ここ数年放置して忘れている人」、要注意です!

人事はフェイスブックで何をチェックするのか

応募者さんのフェイスブックで何を確認するのかというと、要は「変な人じゃないかどうか」です。例えば下記のような人はNGです。

  • 前の職場の悪口を書きまくっている人
  • 社会やニュースに対して文句や不満ばかり書いている人
  • 芸能人や有名人をバカにするような発言をしている人
  • 自撮りの写真ばかり載せている人
  • あと子供の写真ばかり載せている人もNGとは言わないまでも損をします(親バカなイメージは、就職&転職活動において有利にはなりません。)

どんなSNSで何をUPしようとその人の自由です。本当に前の職場が劣悪な環境だったのかもしれません。

でも、残念ながらそれを人事に読まれると損することの方が多いです。

採用担当者は、一緒に働く上で問題なさそうな人かをチェックしてますので、フェイスブックで上記のような書き込みをしている人は、面接に呼ばれる可能性が低くなります。

こんなケースもありました。常識のない人もNG。

30代前半女性の応募者さんのフェイスブックをチェックしていたら、ストーカー出来るくらい位置情報が筒抜けでした((((;゚Д゚))))

ツイッターと連動させていたようで毎日10回以上投稿がありました。ちょっと私が見ただけでも、夕方何時ごろ退勤して、どの駅で降り、どの辺を歩いて帰るか分かる。加えて、彼氏や友達と撮った頭悪そうな写真がたくさん載ってました^^;

20歳前後なら「若いから仕方ないかな」と思えなくもないですが、30代だとアウトでしょう。っていうか危ないですよね!普通に!

最低限の常識的な行動が出来るか、その辺りもフェイスブックで一応チェックします。

就職&転職活動中はFB非公開が無難!

本名でフェイスブックをやっている人は就職・転職活動中は非公開にしておいた方が無難です。

過去にさかのぼってチェックされる可能性もあります。数カ月前におバカな投稿したとか、コメント欄で友人と悪ふざけしたとか、細かいところまでバッチリ大丈夫かと言われると、私だって不安です…笑

ですから非公開にしておきましょう。
MEMO

普段からビジネスのためにフェイスブックを使用している人や、業界ニュースに対する見解などを筋立ててきちんと書いている人は全体公開のままでいいです。

業界に対する知識があるな、と思われて好評価につながるかと思います。また、どんな人と友達になっているかを見た時に、当社の取引先担当者があったりすれば信頼感も増します。

基本的に書類落ちする時って理由は教えてもらえないじゃないですか。(例外→過去記事:私が落ちた理由を教えてくれた会社

ですから書類で落ち続けているあなた、もしかしたら放置したまま忘れているフェイスブックが原因かもしれません。こんなことで不利になったらもったいないです。応募する前に、フェイスブックを非公開にしてくださいね!(友人のみ公開とか!)。

それから一応自分の名前でネット検索もしてみましょう!

自分の名前で検索をかけてみよう!

人事はフェイスブックも見ますが、普通に名前でネット検索もします。

以前、こんな方がいらっしゃいました。その方のお名前フルネームで検索すると犯罪関連(横領事件)の容疑者だったかようなページがいくつか出るのです。

え…本人?((((;゚Д゚))))

名前の読みだけを考えれば日本中にかなりいるだろうと思いましたが、漢字も含めて考えるとそれほどありふれた名前ではない。年齢もだいたい合致するような気がしました。

上司に報告したところ「関係ない人かもしれないし、職歴は問題ないから面接に呼んで直接聞いてみよう!」ということになりました。

そうしましたら全く関係のない同姓同名の人でした!

その方はものすごく驚いていらっしゃいました。当社は面接に呼びましたが、もしかするとそれが原因で呼ばない会社もあるかもしれません。

いつも書類で落ちる人は、念のため自分の名前(漢字)でネット検索をしてみましょう!あなたが書類で落ちる、意外な原因が分かるかもしれません。

上記を気を付けても、どうしても面接に進めないというあなたへ

「面接に行けたら自分の良さをアピールできるのに、どうしても書類が通らない…」というあなた、応募書類の書き方を再度チェックしてくださいね(→こちらの記事で解説しています)。

それでもダメなんですという人には、私は「ミイダス」をおすすめしています。面接確約のオファーが届くからです。

MEMO

「ミイダス」は企業と求職者をつなぐ転職アプリで、人材サービス大手「パーソルグループ」のサービスの一つです。全国11万社の企業が利用している採用ツールになります。

ウチの会社もミイダスを使って採用したことがあります。

一般的な転職サイトとは違って、企業から求職者に直接オファーが届きます。そのオファーは面接確約、つまり書類で落ちることなくとりあえず面接まで行けるというメリットがあります。

デメリットもあります。エリアや条件によっては自分の希望するような企業からオファーが来ないです…

ただミイダスは、自分の市場価値を測定できたり(年収いくらと出ます!笑)、すごく詳しい特性診断ができたり、無料で簡単に登録できるので、行き詰まっている人は試してみるといいと思います。

▼無料ユーザー登録▼
MIIDAS(ミイダス)

実は私もこっそり登録して診断をやってみまして、生まれ持った特性現在の精神状態など結果を→こちらでさらしてますので、良かったら見てみてください。無料で利用できます。

就活アドバイス一覧に戻る