私、いろいろ失敗したので!シングルマザー10年目のブログ

アラサー女性は面接で〇〇を話すと採用されやすい

time 2017/09/22

アラサー女性は面接で〇〇を話すと採用されやすい

こんにちは!中小企業で採用を担当するシングルマザーBettyです!以前に「22歳より44歳が採用されるケースが結構ある件」や「女性転職の裏常識?42歳が28歳に勝てる理由」という記事で、『若い女性が採用されやすい』というのは思い込みだから負けないで!ということを書きました。

要は「企業は産休・育休を恐れてアラサー女子の採用を敬遠する」という話ですが、今回はその例外について説明したいと思います。もしあなたが20代後半~30代前半のアラサー世代でしたら、是非この技を面接で実践してください。アラフォー世代の女性は「こういう場合はアラサー女性に負けるんだな」という理解にお役立ていただけたらと思います。

sponsored link

どうして当社がアラサー2名を採用したか

当社で27歳独身女性と31歳既婚女性を採用したことがあります。普通だったらこの世代は極力避けるのですが、この二人にはある共通点があり、当社は採用を決めました。

面接を突破したアラサー女性の共通点

その共通点とは、こちらが聞きにくいことを応募者さん本人がペラペラしゃべったこと。つまり、面接官が口に出せない「1年やそこらで妊娠して産休育休とか取りませんよね?」という不安について、自分から詳しく説明してくれたということです。そういう人、意外といません。これがアラサー女性が面接を受ける際の必勝法です。

27歳独身女性Aさんの場合

27歳独身女性Aさんは地方で販売系のお仕事をしている人でした。そんな彼女が、なぜ東京23区の事務職に応募してきたのか我々は非常に謎でした。エリアも職種も全然違うのになぜ応募してきたんだろう。そうしましたら彼女はこちらが何も聞いてないのに自分からどんどん話してくれました。「転勤する彼氏を追いかけて上京したいと思っています!東京で就職先を探しています!オフィス系の仕事は初めてですが新しいことに挑戦したいと思い応募しました!」

これを聞いて我々は思いました。もしそれなりに交際が進んでいる二人であれば、彼氏が東京勤務になって彼女も一緒に行きたいと言えば、普通は結婚して一緒に上京するのが自然な流れではないだろうかと。

でもAさんと彼氏は結婚に至らなかったわけで、まだそういう段階の二人ではないのだろうと思いました。ですから、Aさんが入社して1年そこらで結婚妊娠してという可能性は低いのではないかと判断しました。

加えてAさんの思い切りの良さと行動力が魅力的に見えました。地元の慣れた仕事を辞めて、わざわざ東京に引越してくるわけですから、その行動力と気合いがあれば多少つらいことがあっても辞めないのではと思いました。少なくとも2~3年は当社で活躍してくれるのではないかと考えて採用したわけです。

31歳既婚女性Bさんの場合

もう一人、31歳既婚女性Bさんの場合です。アラサーでしかも結婚している人は、明日赤ちゃんができても不思議ではありませんから、我々の認識としては独身女性よりもさらに危険な人です(ごめんなさい、こんな言い方)。

そんな中、Bさんは自分から面接でハッキリと言ったのです。「6年間不妊治療をしてきましたが諦めることにしました。今後は正社員としてしっかり働きたいと思っています」。

面接は私と上司(男性)の二人で行なっていました。初対面の、それも男性を含む面接官の前で不妊治療について話すというのは、大変勇気がいることだったと思います。ですが、Bさんが自分からこの件を話したのは、転職活動としては大正解です。我々の方から既婚女性に「赤ちゃんのご予定は」なんて面接で聞くことは出来ませんから、Bさんが赤ちゃんの件について何も言わなければ、当社は間違いなく採用しなかったと思います。

アラサー女性は自ら意志表明すべし

もしあなたがアラサー女性で、正社員での転職を希望しているなら、自分からプライベートについてハッキリと意思表明をすると採用されやすくなると思います。

「彼氏もいませんし当分結婚するつもりはないです。じっくりハラを据えて御社で働きたいです。」と応募者さんの方から言ってもらえると、こちらは安心して採用できます。ウソは駄目ですよ(笑)?嘘はダメですけど、結婚する予定のある人は「来年結婚する予定ですが、3年くらいは子供を作らず、夫婦でしっかり働いて貯金しようと思っています」とかね。シングルマザーさんであれば「再婚は全く考えていない」「子供のためにしっかり働く」と言っていただけると安心します。

私自身、働く母親ですし、女性がどんな人生を歩むか、どの年齢で出産するかはその人の自由ですしね。本当はこんなことを気にせず仕事選びが出来る世の中になってほしいと思っています。ただ、実際問題として企業、特に中小企業では産休・育休の社員を多く抱えるのが難しく、それがゆえに採用する際の判断材料になるので、率直なところを書きました。参考にしてください。

最後に

もしあなたがアラフォー女性でしたら、こういうアラサーには勝てない事が多いのだなとご理解ください。妊娠の可能性がないアラサーは最強です。20歳前後の若すぎる女の子は社会常識が伴っていないので敬遠されます。でも、20代後半であればそういう心配がありません。

そして職場の男性たちからすればアラフォー女性よりも、28歳女性の方がいろいろと仕事を頼みやすいです。アラサー女子の唯一のネックは妊娠による産休育休問題だけですから、その心配がなく能力が同じであれば、アラサー女性が採用されるでしょう。

もちろん、いろいろな応募者さんがいらっしゃいますから「能力が全く同じ」という状況は中々ありませんし、職歴や性格も考慮しますので、一概に年齢だけで判断されることはありません。また、扱う商品やサービスのために「アラサー女性を採用したい」「長い目で見るので出産、育休については気にしない」という企業もあると思います^^

年齢による合否に不安のある人には、私はMIIDAS(ミイダス)をおすすめしています。MIIDAS(ミイダス)は比較的新しいサービスで、人材業界大手のパーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営しています。転職サイト「DODA(デューダ)」やバイト探し「an(アン)」などを展開している会社といえば、皆さんも一度は聞いたことがあるのでは?

公式サイトはこちら→面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!

MIIDAS(ミイダス)に登録すると、その人に合致する求人オファーだけが送られてきます。基本的に、普通の転職サイトで例えば「20代前半男性募集」という求人情報は掲載できません。法律的な問題ですね(※一部職業を除く)。ただ実際、採用する側が「22歳男性」を想定している求人に32歳のアラサー女性が応募しても採用される可能性は低いです。

その点MIIDAS(ミイダス)は、32歳女性にはアラサーを想定している求人オファーしか来ません。ミイダスはいろいろと法律の制約を受ける公開の求人情報ではなく、個別に連絡がくるという転職スカウトサービスであり、双方のマッチングを第一に考えていますので、その企業がほしい人材(年齢・性別・経験など)で対象者をしぼってオファーを配信しているからです。

これは、企業側から見ても条件に合う人だけにアプローチできるので助かるのです。実際当社でもミイダスを利用したことがあります。というのも、普通の転職サイトで「女性を想定している事務職」の求人を載せると、一定数男性が応募してくるんですよ。若い方もおじさんもいらっしゃいます。申し訳ないですが、そういう全く対象外の方たちにお断りの連絡を入れるのが、企業側は地味に面倒くさいのです(笑)



面接になかなか合格できないと感じているアラサー女性さんは、まず上記の技(プライベートを話す)を試してみて、ダメだったらMIIDAS(ミイダス)に登録してみるといいかもしれません。希望する勤務地によっては求人が少ないかもしれませんが、アラサー女性を求めている企業からオファーが来るので、そういう企業なら受かりやすいと思います。もちろんアラフォーさんには、アラフォーを望む企業だけからオファーがきますので、幅広い方が効率よく転職活動できるサービスと思います。
面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!

ブログランキングに2つ参加しています。
憧れのシングルマザーさんがたくさん^^
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

★Ameba公式トップブロガーになりました
明日は明日の花が咲く~シングルマザーの自然体ブログ

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いてる人

シングルマザーBetty(ベティ)

シングルマザーBetty(ベティ)

奥さんを卒業して早10年、都内で働くアラフォー会社員です。離婚当時1歳だった娘は小学生になりました。母子家庭ならではの悩みや後悔、離婚後の就職活動での失敗談、日々の暮らしでちょっと上手くいったこと等、シングルマザーBetty(ベティ)の大失敗と小さな幸せをゆるゆると書いています。 ※2017年6月よりAmeba公式トップブロガーとしてもブログ活動をしています。開設5ヵ月で読者数3万人を突破しました。ありがとうございます。 [詳細]

インスタとランキング

Instagram にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

↑憧れのシングルマザーさんがたくさんいて参考にしてます^^


sponsored link