1/2成人式で肩透かし!母子家庭全く問題なし

こんにちは!シングルマザーベティコです。年明け前後に1/2成人式をやる学校は多いと思います。去年、うちの娘は1/2成人式でした。いわゆる普通の家庭ではない子にとって気まずい学校行事、実際どうだったのか書いてみます。

家庭環境が配慮されている!最近の1/2成人式

いわゆる1/2成人式は、「子供が自分のこれまでの生い立ちを振り返って両親にお礼を言う」のが定番だったりします。これについて、施設育ちの子はどうするんだとか、写真がない子が可哀そうだとか、さまざま賛否両論あるかと思います。ですが、うちの子が通う小学校の1/2成人式では、「振り返り」も「両親にお礼」も何もなかった!

子供たちがこれからの夢を語る会だった

いろいろと配慮された結果なのか、子供がこれまでの成長を振り返る場面は一切なし。子どもたちがそれぞれ、これからの夢を語るという会でした。「私は●●が好きなので、将来●●になりたいです」というようなことを一人ずつ発表し、そのあと歌って踊って終了。

平日の昼間に開催だったので、父親どころか、共働きのお母さんたちも欠席が目立ち、私は一応会社を早退して参加しましたが、誰の親が来ているかもよく分からないようになっていて(自由席だし。親にお礼のくだりもないし。)、親が参加できない子も全然気にせずに済むような会でした。授業参観にちょっと毛がはえた程度です。

写真問題に備えて、たくさん撮影してきたが不要(笑)

とはいえ、このような1/2成人式は今年が初めてのようでした。上に兄弟がいるママ友たちの話では、「お姉ちゃんの時の1/2成人式と全然違う!」「この日のために写真をそろえてたのに!」「そうそう、大きくスライドで流れるから、変な写真だと恥ずかしかったもんね~」ということでした。

いろいろと配慮されて、今年からこのような形に変更になったのかな…?私もこんな日に備えて、元夫と娘の写真をたくさん撮影してきましたが不要(笑)。肩すかし状態でした。

学校の先生の考えや、地域などにもよると思いますが、全体的には「さまざまな家庭環境の子たちに配慮しよう」という傾向があると思います。シングルマザーにはありがたいですよね。